篠田千明

プログラム

篠田千明 © 2019 TPAC. All rights reserved

展示〈熱田・宮の渡しエリア〉

《黄昏》

会場:
丹羽家住宅
  • 展示は11/19(金)以降になります。

アクセス

ステートメント

日が暮れる宮の渡しで歌います。「黄昏」は、2019年に台北で路上カラオケをしながら作った作品です。台北で龍山寺の前の回廊に住む路上生活者たちに、そこの広場でイベントやるなら何がしたい?と聞いて、カラオケ!というリクエストがあったので、カラオケ大会をしようとするところからスタートしました。カラオケでどんな曲を歌いたいか聞いていくうちに、台湾の歴史、特に日本との歴史を、カラオケの記憶の宮殿でめぐるような体験になりました。歌の記憶と場所の記憶、それから路上で歌うことをめぐり、レクチャーパフォーマンスします。

アーティスト

篠田千明

1982年東京生まれ。演劇作家、演出家。2004年に多摩美術大学の同級生と快快を立ち上げ、2012年に脱退するまで、中心メンバーとして主に演出、脚本、企画を手がける。以後、バンコクを拠点としソロ活動を続ける。劇の成り立ちそのものを問う『四つの機劇』『非劇』や、チリの作家の戯曲を元にした人間を見る動物園『ZOO』、その場に来た人が歩くことで革命をシュミレーションする『道をわたる』などを製作。2018年「Bangkok Biennial」で『超常現象館』を主催。2019年台北でADAM artist lab、「マニラWSKフェスティバル」Music Hacker’s lab参加。

関連プログラム

  • パフォーマンス〈熱田・宮の渡しエリア〉

    篠田千明『黄昏』

    日時:
    11月12日(金)・13日(土)16:30-17:15
    会場:
    宮の渡し公園*先着20名のみお席があります
    *川沿いですので防寒対策をしてお越しください