堀川から見る名古屋:過去から未来をストリーミングする

トーク

トーク〈納屋橋エリア〉

アクセス

終了しました

堀川や運河にそれぞれの立場で関わっておられるゲストを迎え、市内に流れる運河の活用など名古屋の過去を紐解きながら、現在そして未来のまちづくりについてお話しいただきます。

日時:
3月15日(月)18:00-19:30
会場:
モアチェモアチェ(旧ほとりす)
ゲスト:
竹中克行(愛知県立大学教授|地理学)
秀島栄三(名古屋工業大学教授|土木計画)
クレメンス・メッツラー(イラストレーター/デザイナー)
進行:
河村陽介(ストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだディレクター)
定員:
30名(要予約)
  • 先着順での受付となります。定員に達し次第受付を終了いたします。
  • 新型コロナウィルス感染防止への対策のため、定員を設けさせていただきます。
  • 当日はオンラインによるライブ配信も予定しております。

アーカイブ配信は3/28で終了しました

ゲスト

竹中克行

愛知県立大学教授|地理学

地中海都市を対象とするフィールド調査と理論研究を下敷きに、日本国内での応用的な都市研究を手掛ける。名古屋・中川運河再生運動へのかかわりをきっかけに、地域の「らしさ」を可視化するための空間コード研究を提案。主な著書に、『地中海都市―人と都市のコミュニケーション』(東京大学出版会、2021年)、『空間コードから共創する中川運河―「らしさ」のある都市づくり』(鹿島出版会、2016年、編著)など。

秀島栄三

名古屋工業大学教授|土木計画

1992年京都大学助手、1998年名古屋工業大学講師、2000年JICA長期専門家派遣(ブラジル)、2004年スタンフォード大学研究員、2012年教授。専門は土木計画、都市計画、政策科学。著書に「環境計画」「土木と景観」など。「堀川まちづくり構想」、「中川運河再生計画」の策定、「水辺とまちの入口研究所」の活動など水辺のまちづくりに関わり、他に愛知県、名古屋市等の都市計画審議会委員、認定NPO法人レスキューストックヤード理事などを務める。

クレメンス・メッツラー

イラストレーター

1993年ドイツBurg Giebichenstein University of Art and Design卒業。1998年来日。イラストレーターとして、明治村、犬山城、雑誌Tarzan/クロワッサン/日経おとなのOFFほか多数の挿絵を手がけているほか、近年は小原和紙に墨とガラスペンでドイツと日本の現在と過去、建築、景観、人々の暮らしを描いている。名古屋イラストレーターズクラブ/中部クリエイターズクラブ会員、愛知県立大学、愛知県立芸術大学、大同大学で非常勤講師。

進行

河村陽介

ストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだディレクター

情報メディアを用いたインタラクティブ作品の制作やワークショップ企画などを行う。近年はプロジェクト型の企画を多く手がけており、2005年から主宰する移動型ラボ「MOBIUM」では、「shoboshobo 2005」「MOBIUM TOUR 2019 移動する研究室」「TOYOTA HACK CAMP」などを企画。2011年から主宰する「NODE-Lab」では、ワークショッププログラム「WORKSHOP SHOWCASE」日韓交流事業「CONSONARE」などを企画。あいちトリエンナーレ2016では参加型の作品制作プロジェクト「Locus Faber Tsukulocca」のプロジェクトリーダーを務めた。