アーティストトーク
さわひらき×秋庭史典

トーク

日時:
3月26日(金)19:00-20:00
会場:
モアチェモアチェ(旧ほとりす)
定員:
30名(要予約)
  • 先着順での受付となります。定員に達し次第受付を終了いたします。
  • 新型コロナウィルス感染防止への対策のため、定員を設けさせていただきます。
  • 当日はオンラインによるライブ配信も予定しております。

アクセス

定員に達しましたので、募集を終了いたしました

アーカイブ配信は3/28で終了しました

[当日ご来場の皆さまへ]
3月26日(金)は16:00~20:00までなやばし夜イチが開催されます。 また、18:30からは納屋橋ライトアップの点灯式も行われます。
ゲストのさわひらきさんの作品は、なやばし夜イチのマルシェが立ち並ぶ中での展示となってしまいますことをご了承ください。
錦橋の下の作品も26日のみライトアップが干渉してしまう可能性がございます。

ゲスト

さわひらき

映像インスタレーション

1977年石川県生まれ。高校卒業後、イギリスに渡りロンドン大学スレード校美術学部にて彫刻の修士号を取得。ロンドン在住。
友人の手伝いでコンピュータのアニメーションソフトを使ったことがきっかけとなりビデオ作品を手がけるようになる。自身の心象風景や記憶の中にある感覚といった実態のない個人的な領域を、映像・立体・平面作品をなどで構成されたビデオインスタレーションで表現する。映像や立体造形物を巧みに操り再構成することで、現実にはありえない光景を描きながら、どこか親しみを感じさせる世界を展示空間に生み出し、見る者の想像力に働きかける。近年は映像の配置を彫刻的に捉えた空間構成や、立体や平面作品を併置させるなど、映像と展示空間とが互いの領域を交差するような作品に取り組み、世界各地で発表、高い評価を得ている。

秋庭史典

名古屋大学大学院情報学研究科准教授。専門は美学・芸術学。博士(文学)。著書に『絵の幸福—シタラトモアキ論』(みすず書房 2020年)、『あたらしい美学をつくる』(みすず書房 2011年)。分担執筆に『美学の事典』(丸善 2020年)、『人工知能学大事典』(共立出版 2017年)。共著に『食(メシ)の記号論』(日本記号学会編, 新曜社 2020年)、『人工知能美学芸術展 記録集』(人工知能美学芸術研究会, 2019年)など。訳書にリチャード・シュスターマン『ポピュラー芸術の美学—プラグマティズムの立場から』(勁草書房 1999年)などがある。美学会委員、日本記号学会理事、日本触覚学会世話人、文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員。

関連プログラム